匠のこだわり
ペイントの技術
プロの知識を生かし
家族の皆様が笑顔になれる施工を
目指しております。

【外壁塗装は後回しにしていいの?】外壁塗装を先延ばしにすると施工費用が増える⁉塗装の目的について【浜松市南区本郷町一戸建て住宅】3棟外壁塗装 シーリング施工の様子

浜松市 外壁塗装 匠ペイントプロ 浜松 外壁塗装 匠ペイントプロこだわりの施工 外壁塗装の豆知識

こんにちは
浜松市 外壁塗装匠ペイントプロのスタッフです。
スタッフの家の近くでも、お家の塗替えをされていたり
夏には塗装会社の方が営業で
「外壁が傷んでいますね!そろそろ塗装が必要ですよ」
と訪れることもありました。
お客様の中にも営業方が来られて
「そろそろ塗装が必要かなと?」と
ご検討されている方もいるのではないかと思います。
匠ペイントプロでもお客様から下記のような
お問合せを頂くことがあります。
「10年位は経過しているけど、見た目は綺麗だし、家の塗装って必要あるの?」
「外壁塗装は一旦保留にしようかな」

実際、お客様の中にもこのような考えの方も少なくありません。
塗装は数十万~数百万円と高額になりますし、
費用面など考えると、できれば塗装したくないという方もいるかと思います。
最初に結論からお話しすると、
外壁塗装を後回しにするのはお勧めできません。
放置した状態が続いてしまうと、外壁の素材など劣化が進んでいきます。
外壁の寿命も短くなり、建物の耐久性に影響を及ぼす可能性が高いからです。

外壁塗装のメンテナンスはお家を維持するために
欠かせないものであり、
使用している塗料の性能や、外壁の状態塗装にもよりますが、
メンテナンスの周期は新築時からですと
10年位で考えていかなくてはなりません。
こちらの記事では外壁塗装の必要性について
現在施工中の浜松市南区本郷町の一戸建て住宅3棟塗装の
様子と合わせて紹介していきます。

外壁塗装はなぜするのか?
その理由とは

お家を新築してから約10年位で、
なぜ外壁塗装や屋根塗装をしないといけないのか?
外壁塗装は「美観を保つため」と、思われる方も多いかと思いますが、
もちろん美観を保つことも大事ですが、
メンテナンスをせずにそのままにしておくと、
最悪の場合、「家が壊れてしまう」からです。
家に不具合が発生することで、生活面にも影響が出てしまいます。
そうすると、必然的に修理などの工事も伴います。
メンテナンスをしていけば、費用面の節約にも繋がり、
お家も良い状態で維持管理することが可能です。
美観を保つことだけが
外壁塗装・屋根塗装の目的ではありません。

外壁塗装が必要な理由
外壁塗装の理由外壁塗装の特徴
建物を保護する雨や風、強い紫外線など厳しい自然環境から
外壁や屋根を守る
メンテナンスの費用を節約する定期的に外壁塗装・屋根塗装の
メンテナンスをすることで
建物内の劣化や不具合が発生を防ぎ
余計な費用を掛からないようにする

外壁塗装の目的 建物を保護する

日本は四季がはっきりしています。
春夏秋冬1年通して、天候など色んな変化があります。
そのため、太陽光などの強い紫外線や、
夏は猛暑、冬は地域によっては凍結や雪など、
台風の時期は大雨や強風など、
私たちが想像している以上にお家のダメージを受けております。
私も夫と月一回身体のメンテナンスに通っておりますが、
それと同じようにお家にもお手入れは必要になります。
人間は熱が出たり、体調不良などを起こした場合は、
生活習慣を見直したり、病院に通って治療したり、
自然の回復なども見込むことができますが、
お家の場合はそうもいきません。
しっかり手入れをしていく必要性があります。
定期的に外壁塗装や屋根塗装のメンテナンスを行うことで、
お家の健康を保つことだできます。
お家は保つためには、
人が手入れをしてあげることが必要です。
美観ももちろん大事になりますが、
目に見えなくても必要なのが外壁塗装や屋根塗装になります。
だからこそ、外壁塗装は新築時から10年目安と言われるのです。

浜松市南区本郷町一戸建て住宅3棟塗装 縦目地シーリング撤去の様子
浜松市南区本郷町一戸建て住宅3棟塗装 縦目地シーリング撤去の様子
浜松市南区本郷町一戸建て住宅3棟塗装 縦目地シーリング撤去後
浜松市南区本郷町一戸建て住宅3棟塗装 縦目地シーリング撤去後

費用の節約にも繋がる外壁塗装

「外壁塗装・屋根塗装をしなければ費用の節約になるのではないか?」
と思う方もいますが、長期的なスパンで見ていくと、
それは大きな誤解になります。
何もメンテナンスをせずに、外壁に色んな不具合が発生し
劣化の状態も進んでしまえば、建物の保護機能が失われてしまいます。
そうると、塗装だけでは対応がしきれなくなります。
外壁塗装以外にも取替えの工事や修理が発生し、
本来であれば塗装だけで済むものが、
費用が更に掛かってしまいます。
適正なメンテナンス時期に外壁塗装でお家を保護することで、
劣化の状態を防ぐことができます。

建物を維持するために、長期スパンで見た時に、
しっかり塗装をすれば、節約にも繋がります。

新築時からの場合は10年目安に、
前回の塗装から2回目以降の塗装の場合は、
塗料の性能などで、適正なタイミングで行うのがベストです。

外壁塗装・屋根塗装の目的
防水性の向上

防水性についてですが、
外壁塗装では、雨水をはじき家の内部に雨水の侵入を防ぐ機能になります。
最近の塗料は性能も良いものが沢山あり、
外壁の塗料材の中には、雨水を弾く効果が含まれております。
防水性の効果が薄れてしまうと、雨水が家の中に侵入し、
雨漏り発生を起こす原因にも繋がります。
防水機能について重要な役割などをご紹介します。

外壁塗装や屋根塗装工事を行う大きな理由の一つとして、
美観の維持もありますが、一番重要なのが、
「防水性」の機能になります。
「防水性」の機能は外壁の耐久力とも言えます。
防水性の機能が薄れてくれうと、外壁の耐久性が低下してしまい、
藻や苔の発生や、外壁に剝がれ、ひび割れ、チョーキング現象など
様々な症状が出てきます。
このような症状を起こさないようにするためにも、
外壁の耐久性を守る為に、
「塗料の機能に含まれる防水効果」が大事になります。
各メーカー塗料は数多く種類があります。
それぞれ特徴などもあり、
汚れに強い、劣化がしにくい、断熱・遮熱に優れているなど、
様々な性能を持った塗料があります。
どれを選択すれば良いのかは、専門のプロに相談して
決めるとお家に合った提案をしてもらえるので良いかと思います。

浜松市南区本郷町一戸建て住宅3棟塗装 シーリングプライマー塗布
浜松市南区本郷町一戸建て住宅3棟塗装 シーリングプライマー塗布

防水性の機能が低下したらどうなる?

日本の戸建て住宅は、木材を使用していることがほとんどです。
木材は湿気や水分を含んだ状態が長く続くと、
腐食していきます。それにより建物の寿命も短くなります。
鉄部素材も同じように、水や湿気などを含むとと、
錆の発生が起こります。

時間の経過とともに艶感が薄れる

塗料には「艶有りタイプ」「艶なしタイプ」とありますが、
艶有りタイプで塗装をしていても
年数の経過により、段々と艶感がなくなります。
劣化の症状の合図かと思います。
艶感がなくなると、防水性の機能の低下も起こります。

外壁素材の劣化を早めてしまう

防水性機能の低下をそのまま放置していくと、
建物の内部の木材や鉄骨部などの腐食が進行していきます。
そうすると外壁面が崩れたり、
場合のよっては建物が傾いてしまうなどという恐れがあります。
劣化が進んでいくと、自然災害など浜松市を始め静岡県では地震なども
多いですし、台風などに耐えることができず、
家が崩れてしまう危険性が高まります。
防水性の機能が低下している状態でそのまま放置していくと、
大事なお家の寿命を短くしてしまいます。

クラックの発生、シーリング(コーキング・目地)に
亀裂が生じてしまう

防水性の機能が低下してくと、
外壁面にひびや亀裂などが発生します。
サイディング壁の場合、シーリング部分に小さな亀裂も生じます。
ひび割れなど軽視して何もせずに放置していくと、
ひび割れも徐々に大きく広がります。
補修をしっかり行わないと、劣化が進んでそこから雨水が入り込んでしまったり
不具合が発生しやすくなります。
ひび割れの発生などの症状は、前回の塗装からであれば10年前後で
新築時の場合、7年~8年ほどで起こります。

外壁素材を超えて水の侵入内部から劣化が進んでいく

室内と外壁の間に水が侵入しないよう、防水シートがあります。
これは永久に防水してくれるか?といったらそうではなく、
年数と共に劣化していきます。
外壁にひび割れや亀裂など隙間から入り込んでしまった水は、
一か所だけではなく、様々な箇所から水が侵入するので、
防水シートだけでは完全に水を止めることはできません。
水の侵入が繰り返し起こると、冬などの寒い時期は、結露の発生、
雨の多い時期は湿気が発生し、防水シートの内側部分の鉄骨や木や
コンクリートなど劣化が進んでいきます。

浜松市南区本郷町一戸建て住宅3棟塗装 シーリング施工
浜松市南区本郷町一戸建て住宅3棟塗装 シーリング施工

塗装のメンテナンスをしなくても
済む方法ってあるの?

大事なお家を長く良い状態で住み続けたいというお客様が
ほとんどかと思います。
その為に、お家を新築してから一度も
外壁塗装をしなくても良いということは難しいです。
ですが、外壁塗装のメンテナンス時期を延ばす方法はあります。

外壁塗装・屋根塗装の
メンテナンスを延ばす方法

耐久性の機能に優れた塗料を使用する

塗料にはそれぞれ耐久のグレードがあります。
耐久のグレードが高い材料は、価格自体は高価になりますが、
耐久性の機能の違いははっきり出てきます。
ただ良い材料も、職人の技術力や外壁の状態に合わせた
施工が出来ているかなどによっても大きく変わりますので、
業者選びはしっかり検討してほしいと思います。
匠ペイントプロでは、
技術力の高い職人スタッフが仕上げていきますので、
年数経過しても良い状態で維持しております。
塗料のグレードなども色んなご提案ができます。
匠ペイントプロで最近特に人気が高い塗料は
無機塗料になります。
こちらの記事も参考にしてください。

塗装が必要のないケースについて

近いうちに家を取り壊す予定がある

家を新しく新築し直す場合や、解体する場合は
無理に塗装をする必要はないかと思います。
状態が悪い場合は、取り壊すまで我慢して頂くことになりますが、
壊して解体する場合は、塗装をせずに、
リフォーム工事でその費用を使えるようにするのも
一つの選択かと思います。

塗装ではどうにもならない位の劣化が進行している場合

塗装では施せないほど劣化が進んでいる場合は、
塗装自体が難しくなりますので、外壁カバー方法や補修工事などの
別のメンテナンスが必要になります。
そういったご相談も匠ペイントプロでは承っております。

浜松市南区本郷町一戸建て住宅3棟塗装 シーリング施工
浜松市南区本郷町一戸建て住宅3棟塗装 シーリング施工
浜松市南区本郷町一戸建て住宅3棟塗装 シーリング施工
浜松市南区本郷町一戸建て住宅3棟塗装 シーリング施工

外壁塗装って後回しにしてもいいの?
まとめ

今回の記事では、「外壁塗装を後回しにしてもいいの?」ということで
外壁塗装・屋根塗装の必要性についてお話しました。
大事なお家を良い状態で維持するために、劣化を防ぐためにも
結論から言うと外壁塗装は「必要不可欠」です。
全てのお家が必ず10年に一回塗装をするというこではなく、
お客様のお家の状態に合わせた耐久年数の塗料材の選択や、
長期的なスパンで考えた時にお家をどのように維持していきたいかを
考えて、塗料の選択などもされていくかと良いと思います。
外壁塗装というと「まだ塗装しなくてもいいか」と思われる方も多いですが、
外壁塗装の必要性を知って頂き、大事なお家を守る一つの知識として
お客様のお力添えができたら嬉しく思います。
匠ペイントプロでは、無料の外壁診断・お見積りで
お客様のご要望などをお聞きしながら、最適な塗装のプランのご提案や、
施工後も良い状態で維持できる秘訣なども専門のプロが分かりやすくご提案しております。
どの業者に依頼しようかと悩まれているお客様は、
匠ペイントプロに是非一度ご相談ください!
最後までお読みいただきありがとうございました。

浜松市・湖西市・磐田市・県西部地域でお家周りのことをお考えなら
浜松市の外壁塗装は匠ペイントプロにお任せください☆
匠ペイントプロでは外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り工事・シーリング工事・遮熱塗装
など幅広く対応しております。

お見積りは無料で承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

☆匠ペイントプロは3つのNO1を獲得しました☆

【お問い合わせについて】
ご予約は当社ホームページまたは
お電話(053-442-7211)からお問い合わせください。
※お電話でのお問い合わせの場合、現場に廻っている場合が多く、
運手中やお客様の訪問中などは出られない場合がございます。
その場合には折り返しご連絡させて頂きます。

【営業時間について】
月曜日~土曜日 AM8時~PM7時頃
※お休みは日曜日となります。
日曜日・祝日のお問い合わせに関しては、
ホームページは24時間受付しております。
お休みの日のお問い合わせの場合、お返事は翌日以降の対応とさせて頂きます。

お客様が参考にする施工ブログ記事

2023/10/10