匠のこだわり・ペイントの技術・プロの知識を生かし
家族の皆様が笑顔になれる施工を目指しております。

良い材料も職人の腕次第!!シーリング施工について

浜松市の外壁塗装は匠ペイントプロにお任せください!

こんにちは
浜松市 外壁塗装の匠ペイントプロです。
匠ペイントプロでは、良い材料を最大限生かせるような施工を行っています。
というのは、外壁塗装で重要なのは職人の腕次第で、大きく変わるからです。
どれだけ良い塗料を使ったとしても、良い材料でも職人の丁寧な作業かはすぐに分かってしまいます。
匠ペイントプロでは、実際に施工してからリピートされる方が圧倒的に多いのが、丁寧な施工と数年経っても良い状態を維持することが出来るので、安心してお任せ頂いております。
そんな今日はシーリング施工についてご紹介させて頂きます。

外壁サイディング クリヤー塗装の場合

業者によって、意見は分かれますが、
基本的にサイディングクリヤー塗装時には、クリヤー塗装後に
【後打ちでシーリング施工】をするのが正解です。
シーリングが乾燥したから言って、シーリング材は表面は乾燥しても柔らかいもので、
柔らかい状態のシーリング材の上に、塗料を重ねると早い段階でシーリングが割れたり白化現象
なども起こる事があります。メーカーにもシーリングの上には塗装しない様にカタログに
記載があります。施工時の工程でシーリング施工が入る場合には、こういった部分も確認すると良いかと思います。

シーリング施工について

シーリング施工って丁寧な作業かどうか、見分けがすぐに分かってしまうんですね!
雑な作業は時間と共に劣化も早く進み、雨漏りの原因なども引き起こしてしまいます。
実際どんな所に注してみていけば良いのかチェックしてみましょう。

シーリング施工 良い施工例

上記の写真で見て頂くと分かるかと思いますが、外壁が凸凹にかかわらずフラットにシーリングが
行われているのが確認出来ます。
見積もり記載の中でシーリング工事とありますが、
塗装すれば分かりずらい箇所にもなる部分でもあります。
シーリングの打ち方で耐久性も大きく変わりますので、職人の腕が判断できます。
ホームページで見ただけでは分かりづらい所もありますので、実際に塗装をご検討されている方には、
匠ペイントプロでの実績施工もお客様の目で実際に見て頂くことも出来ます。

自信を持って施工をさせて頂きますので、ご参考にしてみてくださいね。

匠ペイントプロの施工ブログのご案内

匠ペイントプロではブログを更新しておりますが、どのような症状があり施工の流れになったかなど、
施工時のエピソードや外壁の症状などを多く掲載しております。
これから塗装をご検討されている方は是非ご参考にご覧頂けたらと思います。

2018/11/12