匠のこだわり・ペイントの技術・プロの知識を生かし
家族の皆様が笑顔になれる施工を目指しております。

こんな状態は要注意⁉お家のセルフチェックで分かること!

外壁塗装 浜松 匠ペイントプロ 豆知識! 

こんにちは
外壁塗装 浜松の匠ペイントプロです。
外壁塗装ってそもそもなぜ行うのかって思いますか?
 外壁というものは新築時、塗り替えをされた時にはとても綺麗な状態で、何もお手入れが必要ない状態です。 それが年数が経過すると共に雨や太陽の光など環境の変化で少しずつ痛みなどが変わってきます。 太陽の光の当たる場所や、日陰の場所や雨水が当たる場所によって劣化の仕方も変わり、これを適正な時期にメンテナンスすることで、お家をより長持ちにさせることができます。 そういったことから塗装は大切なお家をより良い状態に持たせる為に必要となります。 簡単な診断方法は下記からご覧下さい。

お家のセルフチェックをしてみましょう!

外壁塗装 浜松 匠ペイントプロ

チョーキング現象

まずお家の外壁を手の平で触って頂き自分の手を見た時に、白くチョークのようについていませんか??手に白く付いてしまうことをチョーキング現象【白亜化現象】ともいいます。
ある程度年数が経ったお宅に見受けられる症状となりますので、チョーキング現象が起きた場合は
一度お家を診断して頂くことをオススメ致します。

外壁の藻・苔の発生

次は家の周りをぐるっと一周してみてください。 特に日陰部分や湿気が多そうな部分に 藻などは発生していませんでしょうか? 藻が出ている時も要注意です。 水で流せば簡単に落ちるだろうと 思われがちですが、 藻はしっかりとした処置をされないと繰り返し発生したり外壁を痛める原因となってしまいますので、このような症状が出ている場合はきちんとした処置が必要となります。

外壁の藻・苔の発生

続いてはシーリングの部分を見てみてください。
日々が割れていたり剥がれそうな状態ではありませんか?そのような状態の場合雨漏りなどの原因になってしまいます。大事なことは少しでも気になる箇所があった場合には専門家に一度ご相談してみてください。自分だけでは判断できないこともありますし、どういう根拠でこのような状態なのかをしっかりお話出来る業者さんを選ぶことも大切です。

2回目以降のチェックポイント

外壁塗装 浜松 匠ペイントプロ

新築時ではないく再度塗装をご検討されている方、外壁のリフォームの1つとして、
住宅を長持ちさせるには、2回目以降の塗装もとても重要です。長年の経時変化によって劣化は
避けらないので、メンテナンスが必要となります。
この再塗装時期を見極める方法として以下の様なポイントが挙げられます。

3つのチェックポイント

①外壁に細かいクラックが入っていないか
クラックの口が薄い紙が1枚入る程度開いていると、
そこから雨水が浸透し、住宅の柱などの躯体を腐食させる恐れがあります。
この意味から、クラックには十分注意して頂きたいです。

②外壁の壁面を指で触った時に白い粉(チョーキング現象)が起こっていないか?
この状態はチョーキング現象とと言い、こうした状態になっていると
外壁の表面が劣化して水をはじく能力が低下しています。
チョーキングを発見したら、1つの再塗装の目安と言えます。

③外壁表面のカビや苔がないか
これも外壁が劣化している状態となります。
苔や藻はしっかり落として施工されないと再び発生しますので、
適切な処置が必要になります。

ひび割れしていたら要注意!!

外壁塗装 浜松 匠ペイントプロ

ひび割れた箇所から雨水が入り込み、カビ・サビなどの原因になったり
外観にも影響が出来ますが、外壁の強度も弱くなりますのでご注意頂きたいです。
そのままメンテナンスをせずに年数が経過していくと、
中の内部の部分の断熱材も腐食してきます。
ひび割れは外壁の塗装部分が劣化しているサインなので、
そこから劣化が進行してしまうので、早急に対策処置をすることが大切です。
このままび割れやカビ・サビなどを放置すると、さらに外壁が腐食してしまい
常に直射日光や雨や風などに当たっているので進行も早く
外壁以前に構造体までの寿命も縮めてしまうので、
早めにメンテナンスをすることをお勧め致します。
しっかりと業者に現状診断をして頂きお家が良い状態で
長持ちできるようにすることが大切です。


匠ペイントプロのこだわりの施工

匠ペイントプロの施工エピソード

外壁塗装 浜松 匠ペイントプロ