匠のこだわり・ペイントの技術・プロの知識を生かし
家族の皆様が笑顔になれる施工を目指しております。

塗装・防水工事用語・下塗りの役割について

お家の塗り替えで知っておきたいこと!外壁塗装浜松の匠ペイントプロ

こんにちは
外壁塗装 浜松の匠ペイントプロです。
お家の状態は経年劣化すると、様々な症状が出てきますが、そのままにしておくと後々改修工事が膨大な費用になってしまったり、負担が大きくなることがあります。
様々な環境にさらされている大事なお住まいを良い状態で保てるよう定期的なメンテナンスは必要になりますが、外壁以外にも防水工事などお家のメンテンスはしっかり行うことで良い状態を維持することが出来ます。塗装を考えられている方は、どのようなライフプランで今必要な処置はどのようなものかを考えていく必要がありますのでまずはどのような症状があるのかを表にまとめましたのでご覧ください。
外壁塗装をご検討されているお客様は、無料お見積り・無料外壁診断を是非ご利用ください。
ご希望の日時でお伺いいたします。

塗装・防水工事の用途と症状について…

チョーキング
まずお家の外壁を手の平で触って頂き
自分の手を見た時に、白くチョークのようについていませんか??手に白く付いてしまうことをチョーキング現象【白亜化現象】ともいいます。
ある程度年数が経ったお宅に見受けられる症状となりますので、チョーキング現象が起きた場合は一度お家を診断して頂くことをオススメ致します。
ひび割れ
外壁のひび割れは、下地コンクリート内へ雨水の浸入を促し、内部の鉄筋を腐食させる原因となります。
錆汁
外壁のひび割れにより、赤茶色の筋が雨だれ状に延びている症状が見受けられることがあります。
この現象はコンクリート中に隠れている鉄筋が錆びてしまい錆汁が出てきている状態です。
シーリング
続いてはシーリングの部分を見た時にひびが割れていたり剥がれそうな状態ではありませんか?そのような状態の場合雨漏りなどの原因になってしまいます。
大事なことは少しでも気になる箇所があった場合には専門家に一度ご相談してみてください。自分だけでは判断できないこともありますし、どういう根拠でこのような状態なのかをしっかりお話出来る業者さんを選ぶことも大切です。
エフロレッセンス
地下の内部へ雨水の侵入により、コンクリートに含まれている【アルカリ・石灰成分】が、外部へ押し出される現状です。美観が低下してしまう原因や、地下強度も低下していく原因にもなります。
爆裂
外壁面のひび割れ、塗膜の剥離部分から浸入した雨水や空気中の炭酸ガスなどの影響で、コンクリート内部の鉄筋が腐食でし膨張した後、周囲のコンクリートを爆裂(破壊)した結果、従来内部にあるはずの鉄筋が露出する劣化現象。
屋上防水
屋上の防水は、直射日光・風・雨・雪・霜など様々な環境下にあります。その寿命は、一般に建物躯体に比較すると短く、建物の寿命以内に何度かの改修が必要になります。

下塗り塗料の役割について…

下塗り塗料は外壁・屋根材などに最初に塗る塗料です。下地処理に含めて呼ぶ場合もありますが、下塗り塗料の役目は、中塗り・上塗りの密着性を良くするため、塗装面を整えるための塗料になります。大きく分類するとプライマーとシーラー、フィラーがあります。

シーラー
下地の密着性を高める。吸い込みを均一にするための下塗り材です。
浸透性シーラー
下地の中へ浸透し、密着性を高めます。吸い込みを均一にします。
コロニアル屋根の下塗り時にに使用することが多いです。
フィーラー
下地のす穴・細かいひび割れを埋め、平滑にします。
微弾性フィーラー
フィーラーに弾性機能を持たせています。
微弾性なので細かいひび割れには有効かと思いますが、大きく動くひび割れには好ましくありません。
モルタルの外壁材として使う下塗り塗料です。
2018/2/27

匠ペイントプロの施工エピソード

外壁塗装 浜松 匠ペイントプロ