匠のこだわり・ペイントの技術・プロの知識を生かし
家族の皆様が笑顔になれる施工を目指しております。

新築時からどれくらいで外壁塗装するのがベストか?

浜松市外壁塗装は匠ペイントプロへお任せください。

こんにちは
浜松市外壁塗装の匠ペイントプロです。
新築時からどれくらいで塗装をするのが良いか悩む方ってとても多いんですね。
塗る時期もそうですが、業者選びなど今の世の中、ネットなどの情報量が多いので余計に
分からない方もいるのではないでしょうか?
お家をより良い状態で保つためにも新築してから最初の塗装はとても大切になります。
今日は初めて塗装をご検討されている方に見て頂きたい内容です。匠ペイントプロでは、外壁塗装・屋根塗装・防水塗装・雨漏り施工のお見積り・外壁診断は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

なぜ塗装をしなくてはいけないの?

外壁は強い紫外線や雨などの酸性雨など様々な天候により大きな負担を
一番受けている場所でもあります。
そのままにしておくと、雨漏りや外壁の劣化が進んでいき、結果的に様々な
修繕箇所が出てしまうことも…
その為にはお家を建てられてから大体10年前後を目安として外壁の塗装をするのが一番ベストです。
またお家の外壁は一度ではなく、定期的なメンテナンスが必要になります。
ライフサイクルにより経済的な負担も出てきますので、例えば10年ごとに
メンテナンスをしていくのか、または15年以上持つように工事をするのか
将来的なこともしっかり考えて決めていかれると良いかと思います。

塗装はお家を長く良い状態で住めるようにするために必要不可欠です!

外壁塗装は、お家をより良い状態で長く住むためにとても大切になります。
目で見ただけで特に大丈夫そうと思っても、外壁塗装をしないでいると、劣化が進んでいき
外壁に負担が掛かりそのまま塗装をしないでいると、雨漏りなど色んな症状が発生してしまいす。
適切な時期に行わないと、修繕する箇所がどんどん増えていき費用が高額になることもあります。
ですのでお家の外壁塗装は最適な時期に行うことが大事です。

外壁のセルフチェックをしてみましょう!

チョーキング現象

外壁を手で触った時にチョークを触った時のように白い粉が付くことをチョーキング現象といいます。
この現象は、塗料が太陽などの紫外線の影響を受けていく内に劣化が進み、塗料の中にある白色の顔料が分解されて表面に出たものです。塗膜の機能が段々と失われている状態になります。手で触った時に真っ白になる位の場合は、塗装をご検討された方が良いでしょう。

クラック現象(外壁のひび割れ)

細い毛髪くらいのクラックならそこまで問題はないですが、太いひび割れが横に出ている場合や、あちこちにクラックがでている場合も早めの塗装をすることをお勧めします。クラックの隙間から雨水が侵入し雨漏りの原因になります。

外壁の膨らみ・剥がれ

膨らみや剥がれの原因はひび割れた箇所から塗膜の内部に雨水が入り込んでしまうと、そこから塗膜が膨らんだり、剥がれることがあります。このような現象が起きた場合も早めに処置が必要になります。

コーキングの劣化

外壁の素材がサイディングの場合や、窓枠に使用しているのはつなぎ目の箇所にコーキングというゴム状の素材が注入してあります。コーキングは太陽などの紫外線や雨水など色んな影響を受けていくと劣化が進み年数と共にひび割れたりゴム自体がやせてきます。このような状態の場合もコーキングを剥がして再度注入し直す必要があります。

時期に迷った時は…

いかがでしょうか?塗装は適切な時期にメンテナンスを行うことで、
新築時と同じような状態を保つことができます。その為には新築時からまず10年前後を目安に
一度外壁の診断などを行うことをお勧め致します。
浜松市外壁塗装の匠ペイントプロでは、無料診断・無料お見積りをご希望のお日にち、時間帯で対応していますので、まずはお家がどのような状態かを知ることから始めていきましょう。
何もメンテナンスをしないと劣化は確実に進んでいきますので、お家のセルフチェックをしてみて、
上記に当てはまる症状があればお気がるにご相談ください。

匠ペイントプロの施工エピソード

外壁塗装 浜松 匠ペイントプロ
2019/10/3