匠のこだわり・ペイントの技術・プロの知識を生かし
家族の皆様が笑顔になれる施工を目指しております。

水漏れや雨漏りは適切な判断が大事な訳!

外壁塗装で失敗しない為に知っておきたいこと!

こんにちは
外壁塗装 浜松の匠ペイントプロです。

業者さんからこのようなことを言われることはありませんか?
「シーリングなどのコーキングなどが切れてしまう」
「そこから水が漏れてしまう」


切れているから水が必ず漏れてしうまうかといったらそうではありません。
すぐに処置が必要な場合もあれば、そうでない場合もありますが、
業者から話をお聞きする時には、外壁がどんな状態かしっかり
説明をお聞きすることが大切になります。

水漏れや雨漏りの原因は様々です。

経年劣化により、外壁や屋根や付帯物などが痛んだり、腐食し水が入り込んでしまう場合があれば、
台風などの自然災害など、どのよな原因かをしっかり見極めることが大切です。
診断結果を踏まえ、処置が必要な場合はしっかり補修などを行い適切な処置が大事になります。

木造・鉄骨などの材質により判断基準は変わります。

木造のお宅の場合、外壁の下には防水シートが貼ってあります。
目地の重なった部分にはゴム製のパッキンなどが付いているのですぐに水が入り込んでしまうことは
ありますが、外壁の反りなどで水が入る可能性もありますので、見極めの判断の基準としては大切になります。

鉄骨で造られた建物でALCやサイディングになっている場合は、
防水シートが貼られていない場合もあります。
その場合、コーキングが切れているとそこから水漏れの原因となります。
早急な対応が必要になります。

サイディングの切口の部分は加工がされていない為、水分を吸収しやすいです。
コーキングが傷んできたらら、早めに処置をすればサイディングに
水が染み込むことがありません。

それぞれのお宅によって、使用している材質や建物の構造、環境など
違いますので塗り替え時には専門家に確り診断して頂くことをお勧め致します。

正しい専門知識持つプロに相談しましょう!

匠ペイントプロでは外壁塗装・雨漏り・防水の知識を持ったプロが
診断致しますのでお家の状態が気になる方は無料診断を依頼してください。