匠のこだわり・ペイントの技術・プロの知識を生かし
家族の皆様が笑顔になれる施工を目指しております。

良い塗料を採用したから安心?長持ちする秘訣と業者選びのポイント

外壁塗装の豆知識 塗装前に知ってほしいこと! 匠ペイントプロ

これから外壁塗装をされたいと思う方は、誰しも耐久年数を長持ちさせたいと思いますよね!
この耐久年数を持たせる為に大事な事は、
良い塗料を使う=耐久年数が上がるではなく【塗料を塗る前の下地処理】がとっても大事になります。
下地の処理をしっかり行わないといくら良い塗料を使っても耐久年数は上がりませんし、
状態を良く保つことだ出来ません。まずは、外壁を塗れる状態へ整えていくことが大事です。
匠ペイントプロではこの下地処理をとっても大切にしておりますので、お家を塗り替えご検討の方はどのような工程で進んでいくのかお話を聞いてみるのが良いと思います。

定期的なメンテナンスが大切です!

3つのポイントを元に外壁をチェックしてみましょう。

新築時ではないく再度塗装をご検討されている方、外壁のリフォームの1つとして、住宅を長持ちさせるには、再塗装も重要です。長年の経時変化によって劣化は避けらないので、メンテナンスが必要となります。この再塗装時期を見極める方法として以下の様な3つのポイントが挙げられます。
3つのポイントを元に再塗装時期を適切に、気になる点があったら業者さんへ聞いてみることが大切です。定期的なメンテナンスでお家をずっと良い状態で長持ちできますよ。

外壁に細かいクラックが入っていないか

クラックの口が薄い紙が1枚入る程度開いていると、そこから雨水が浸透し、住宅の柱などの躯体を腐食させる恐れがあります。この意味から、クラックには十分注意して頂きたいです。

外壁の壁面を指で触った時に白い粉(チョーキング現象)が起こっていないか?

この状態はチョーキング現象とと言い、こうした状態になっていると外壁の表面が劣化して水をはじく能力が低下しています。チョーキングを発見したら、1つの再塗装の目安と言えます。

外壁表面のカビや苔がないか

これも外壁が劣化している状態となります。苔や藻はしっかり落として施工されないと再び発生しますので、適切な処置が必要になります。

業者選びの判断基準

外壁塗装で失敗しないために…! 匠ペイントプロ

いざ外壁塗装をしようと考えている時に悩まれるのが業者選び。 価格やサービス内容や口コミなど色んな情報を元に選んでいくかと思います。 業者さん選びで大事なことそれは、外壁の状態を的確に、根拠のある説明ができるか?処置の方法はどのように進めるか?お見積りの内容はサービスと適正な価格になっているか?業者さんへ依頼する際にまず現状の状態を知るために外壁の診断を致します。

業者さんによっては見る箇所も変わりますが細かい部分、例えば気付かないような箇所まで見ることが出来ているかどうかも選ぶポイントとなりますので、何社か現状診断を依頼して判断されるのも1つの手だと思います。今はネットなどありとあらゆる情報を簡単に収集出来る時代ですが、やはりプロの目からお伝えできる情報にはさすがにネットもかないませんので、確りとした診断が出来るかを見極めていくことが大事です。

外壁塗装のお見積りは相見積もりが基本!

外壁塗装で失敗しないために…! 匠ペイントプロ

新築から約10年位経過したし外壁の塗装どうしようと思われる方や、2回目、3回目の塗装をご検討されている方も多いかと思います。10年前や初めての塗装の方も業者選びに悩まれる方も多いかと思いますが、最近では様々な塗料なども出ていたり昔と今とでは作業工程も変わってきたり塗装も進化しています塗装で一番気になるポイントとして、
いったいいくら掛かるのか…?
塗料はどんなものが良いのか…?
工事内容・保障はどうなっているのか…?

様々なことが気になるかと思います。
外壁塗装は簡単なことではありませんし、お値段も高額になりますので、業者選びは相見積もりの中からご検討されるのをお勧め致します。
しっかりと工程や金額面などお聞きし、後々後悔しないようにするためにまずはお見積りを何社かに依頼してみましょう!その中でここなら安心という業者にお任せすることが大事です。安価だから良い塗料で塗るから安心ではありません。慌てて業者を決めないようにして頂きたいと思います。各業者の施工内容や外壁診断の見立てなど、色んな角度から判断して頂きたいと思っております。
匠ペイントプロではお施主様が分かりやすいお見積りを作製しております。外壁診断・お見積りは無料で承っておりますのでお気軽にご相談ください。

2020/1/8