匠のこだわり・ペイントの技術・プロの知識を生かし
家族の皆様が笑顔になれる施工を目指しております。

「お家の状態に合わせた洗浄と下地処理が大事」
高圧洗浄で気を付けたいポイント!

外壁塗装 浜松の匠ペイントプロ お家の塗り替えで知っておきたいこと!

こんんにちは
外壁塗装浜松の匠ペイントプロです。
外壁塗装を行う際に高圧洗浄を行います。高圧洗浄もただ、洗浄するだけではなく家の状態に合わせた洗浄が大事になります。

高圧洗浄のポイント

高圧洗浄だけで全ての汚れなどが取れる訳ではありません。
その場合、職人が手作業で薬剤などをつかいながらこすり落とすバイオ洗浄などの作業が必要になります。
塗膜浮き剥がれなども高圧洗浄だけでは落としきれないので、
金属製のヘラなどでこすって落とし旧塗膜をなくして塗装が出来る状態にします。
また、チョーキングしている外壁を高圧洗浄して乾燥させても、まだ若干粉が残っていることがあります。これは手抜きではなく(実際に手抜きの業者もあります)高圧洗浄では取り除けない旧塗膜が粉化したものです。粉化したものが完全にでなくなるまで高圧洗浄を続行すると、下地にまで影響を及ぼす可能性があります。
よいタイミングで洗浄をとめる必要があるので、粉が少し残っている外壁でもしっかりと塗膜が密着するようプライマー、フィラー、シーラーなどの密着をよくする塗料が塗られ下地処理をしっかりすることが大切になります。

屋根洗浄後
屋根洗浄前

こちらの記事もお読みください

2020/2/27