匠のこだわり・ペイントの技術・プロの知識を生かし
家族の皆様が笑顔になれる施工を目指しております。

【雨漏りマイスタープロ】雨漏り修繕工事 実際にあったお客様のパターン

浜松市 雨漏り施工 雨漏りマイスタープロ 匠ペイントプロ 

こんにちは
浜松 外壁塗装の匠ペイントプロです。
住宅塗装・アパート・マンション塗装と同じよにご依頼が多いのが、雨漏り施工です。
匠ペイントプロは、雨漏りマイスタープロですので、雨漏り施工も自信を持っております。
これまで多くの雨漏り施工をしましたが、家の構造や環境など雨漏りが起こる原因は様々です。
外壁に雨水が溜まると、外壁が腐食したり外壁の劣化が進行しますし、掛かる費用の負担も大きくなりますので、雨漏りの状態のまま放置するのは外壁にも良いことではありません。
雨漏りの特定については確り判断するので、特定が難しい場合は時間を掛けて判断させて頂く場合もございます。
雨漏りも塗装をするだけで雨漏りが止まるのではなく、原因などの特定を確り行うことが大事になります。
個人のお宅からアパート・マンション、企業様など様々な雨漏り施工の実績もございます。
匠ペイントプロは、雨漏りについても豊富な知識と経験も持ったプロが対応しますので、お気軽にご相談ください。
外壁診断・お見積りは無料で承っております!

ケース1.浜松市のお客様 雨漏り修繕工事 

浜松市 雨漏り工事 雨漏りマイスタープロ
発生場所 
木部廻り隙間
木部のの開いている部分から縦ヘアークラックが発生
上記写真のように木部廻り全体に、複クラックを確認
木部廻りの開いている部分にシーリングを埋め、
クラックを埋めていく作業を行いました。
外壁塗装のご依頼も頂いておりましたので、雨漏り補修後に施工に入りました。

ケース2.浜松市のお客様 雨漏り修繕工事 

浜松市 雨漏り工事 雨漏りマイスタープロ
発生場所 
ベランダ防水面から雨漏り発生 部屋に雨漏り
ベランダ床面FRP防水層が剥離し、雨が繰り返し降っていく内に、溜まった雨水が
ベランダ下の部屋に雨漏り発生の原因となりました。
今回の施工では、外壁塗装とベランダ床面の修繕工事も行いました。
剥離が発生している部分は研磨を掛けてから、専用の下塗り材を塗装し
ウレタン塗膜防水を2回塗装し、最終上塗りの仕上げを行いました。
全ての工事が完了してからも雨の日が多い日が続いておりましたが、
お客様へ雨漏りについて確認したところ、
雨漏りもなく、お客様からも大変喜んで頂きました。

ケース3.浜松市のお客様 雨漏り修繕工事 

浜松市 雨漏り工事 雨漏りマイスタープロ
発生場所 
ベランダ防水床面 
ドレン廻りにほこりが溜まり、水が抜けない状態になっておりました。
こちらのお客様は大型の台風後にお問い合わせを頂きました。
ドレン横のシートからも亀裂が入り水が浸入していたので、
綺麗にし、雨漏り個所も補修工事を行いました。
特にベランダ床面は、年数と共に劣化していく部分ではありますが、
定期的な掃除でも雨漏りを防ぐことができます。
今回のようにドレン部分が雨水などが雨や台風の後は、
汚れやほこりも溜まりやすくなりますので、
ベランダ部分も是非チェックしてみてください!

ケース3.浜松市西区アパート 不動産会社様
雨漏り調査・お見積り依頼

浜松市 雨漏り工事 雨漏りマイスタープロ
発生場所 
屋根笠木から外壁に雨が浸入 雨漏り発生
浜松市西区アパートに現地調査に伺いました、。屋根折半箇所・外壁箇所など
雨漏りがしている部分の特定をする為に調査を行いました。
雨漏りが発生している部屋の屋内を確認し、一般的に雨漏りが発生している場合は、
屋根からの雨漏りと判断することが多くありますが、上記写真で見るように
屋根全体の錆・ボルト頭隙・屋根折半部のジョイント箇所からの雨漏りが発生と判断することが多いですが、
匠ペイントプロの経験から、屋根折半のこの状態であれば一箇所特定している場所の雨漏りは
違うのではないかと判断させて頂ました。
屋根笠木から外壁に雨が浸入していると判断致しました。
2021/4/6