匠のこだわり
ペイントの技術
プロの知識を生かし
家族の皆様が笑顔になれる施工を
目指しております。

【モルタル壁からのクラック】雨漏り発生の原因になります!

浜松市 外壁塗装 匠ペイントプロ 浜松市 雨漏り施工 雨漏りマイスタープロの匠ペイントプロ

こんにちは
浜松市 外壁塗装匠ペイントプロのスタッフです。
外壁にクラック(ひび割れ)があると、雨漏り発生の原因に繋がります。
細かいクラックなどそのまま放置しているケースも多くございます。
今回のテーマはモルタル壁のひび割れを放置した状態でいるとどうなうかなど、
詳しく解説していきます。

クラックの発生は雨漏りの原因に繋がります

日々厳しい環境に晒されている外壁、太陽光の紫外線紫、雨や風、振動など様々な影響を受けています。
外壁塗装をご検討のお客様のお家でよく見かける外壁のクラックは、
そのまま放置しておくと、自然環境の影響などでの不具合だけでなく、
外壁のクラック部分に雨水などが侵入し、雨漏り発生の原因に繋がります。
出窓があるお家で注意したいのは、出窓天板箇所にクラックが発生し、雨水が入り込んでしまったり、
外壁と出窓の枠の接合部分の隙間からの雨漏り発生になることもあります。
クラックが起こっている場合は注意が必要です。
ものすごく細いクラックでしらそこまで問題はないですが、そのまま放置しておくと、
クラックが広がったり不具合も発生しやすくなります。

クラック箇所シーリングの様子
クラック箇所シーリングの様子

外壁クラック発生の原因について

外壁に起こるクラックについてですが、「クラック」は外壁に生じるひび割れ発生になります。
モルタルやALCを採用されている住宅で多く見られる現象です。
クラックにも程度があり、微細なものから、はっきり分かるくらいの大きなクラックまで様々です。
クラックが入ると、美観が損なわれるだけではなく、建物に何か問題がないかと気になる方も多いかと思います。

外壁クラック発生の原因について

1.地震などの建物の振動により発生するクラック
2.不等沈下による発生するクラック
3.コンクリートが乾燥した際に、収縮が起こることで発生するクラック
4.塗膜に雨水が吸込み劣化することで発生するクラック
5.寒い地域など寒冷差で発生するクラック
6.骨剤が低品質による発生するクラック
などまだまだ原因はありますが、どのようなことが原因でクラック現象が発生しているかを
知る必要があります。

外壁クラックの危険性を知るには?

クラックはそのまま放置しておくと、クラックが進行していく場合があります。
建物にとってはクラックは良いものではないので、早めに補修をすることが大事です。
外壁のクラックはどれ位の幅があるのか、深さがどれ位なのかも確認する必要があります。
幅が1ミリ以上のクラックは早めに対処した方が良いケースが多く、
クラックがあまり広範囲でなくても、深さがある場合は、断熱材や防水シートに門田が発生していることがあるので注意が必要です。

外壁モルタル壁からのクラック
まとめ

いかがでしたでしょうか?
外壁のクラックは、発生している場合見分け方なども含め、
すぐに対処した方が良いのかわかりずらいことが多いかと思います。
クラックが入っていて気になる場合は、
匠ペイントプロのように専門の業者に調査を依頼することをオススメします。
外壁のクラックが発生している場合、早めに処置を行うことで、トータルのコストなども
抑えることができると思います。
クラックが発生している場合、他の部分や、見えない部分にも発生していたり、
不具合も発生していることがあります。
後から大規模な補修にならないよう、現状診断でお家の状態をしっかり調査してもらいましょう!

浜松市・湖西市・磐田市・県西部地域でお家周りのことをお考えなら
浜松市の外壁塗装は匠ペイントプロにお任せください☆
匠ペイントプロでは外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り工事・シーリング工事・遮熱塗装
など幅広く対応しております。

お見積りは無料で承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

☆匠ペイントプロは3つのNO1を獲得しました☆

お客様が参考にする施工ブログ記事

【お問い合わせについて】
ご予約は当社ホームページまたは
お電話(053-442-7211)からお問い合わせください。
※お電話でのお問い合わせの場合、現場に廻っている場合が多く、
運手中やお客様の訪問中などは出られない場合がございます。
その場合には折り返しご連絡させて頂きます。

【営業時間について】
月曜日~土曜日 AM8時~PM7時頃
※お休みは日曜日となります。
日曜日・祝日のお問い合わせに関しては、
ホームページは24時間受付しております。
お休みの日のお問い合わせの場合、お返事は翌日以降の対応とさせて頂きます。

2023/11/22